ブログ

【経審点アップ】2年平均?3年平均?有利な方をその都度選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建設業許可、経審、横浜、行政書士

 

完成工事高は高い方を選ぶ!

完成工事高は高ければ高いほうがより[その部分の]点数は高くなります。

[その部分は]というのは、完成工事高が高くなったとしても、その分の工事で利益が薄い場合や赤字の場合には、完成工事高以外の他の項目で点数が下がり、全体としてマイナスに働くことがあるからです。

利益が等しく上がっていることを前提とすると、完成工事高は高ければ高い方が良いです。

 

 

2年平均か3年平均を選ぶ

完成工事高については、2年平均か3年平均を選んで申請します。つまり、今回の決算だけでなく、前回、あるいは前々回も今回の経審に影響してくるということ。

「今回の決算に上がった売上がめっちゃ多かったので今期分だけで出したい!」ということも出来ず、絶対に2年か3年を選びます。

一応豆知識!なぜ平均を出すのか?

平成10年から導入された制度(これを書いてる藤田は当時行政書士ではなかったので、調べた話です)。建設不況のあおりを受けた建設会社さんの業績が悪化することによって、経審の点数が急激に下がると公共工事の受注にも影響が出てしまう… そんな風な「年度によって極端に不利な事態が生じるのは避けよう!」という趣旨で生まれたのが、この2年平均か3年平均を選ぶ制度。「激変緩和措置」といいます。

 

 

どちらを選ぶか

高い方を選びますので、それぞれの平均値を出します。

例えば、

  • 直前決算:6,000千円
  • 前期決算:3,000千円
  • 前々期決算:4,000千円

だとしたら、

 (2年平均)6,000+3,000/2=4,500
 (3年平均)6,000+3,000+4,000/3=4,333

となり、2年平均の方が高くなります。なので、2年平均を採用します。

 

ずっと同じ方を選ばなければいけないわけではない

以前受けたことがある質問ですが、「毎年3年平均を選ばなければいけないのかと思ったわ」とおっしゃっていた方がいました。

そんなことはなく、去年は3年を選んだけど、今年は2年の方が有利なので2年を選ぶ、ということはまったく問題ありません。毎年その都度決めてOK!ぜひ有利な方を選びましょう。

 

シンプルなようで難しい問題もあります

「なるほど、高い方を選べばいいのね!」

確かにそうなのですが、問題は複数業種の経審を受ける時

1業種だけなら、その業種のことだけ考えればよく、高い方を選べばよく、大変シンプル。

しかし例えば3業種受ける時、そのうち本命の1業種は2年平均の方が高く、ほか2業種は3年平均の方が高い。こうなったときに困ります。

2年か3年かという選択は、すべての業種に対して一括で反映されます。土木は2年、舗装は3年、ということは出来ません。

ではどうするのかというと、徹底したシミュレーションです。

  • 格付点数を見て、最低限キープしなければならない業種を決める
  • 主観点を加えたときに、どれくらい余裕があるかを算出する
  • それぞれの業種で、どちらを選べば何点違うのかを1点単位で出す

結果を見てから「やっぱり間違えました!」ということが出来ない選択。色々な角度から考えて、より有利な方を選んで申請してください。

 

 

藤田事務所では、経審申請、入札参加資格申請のご依頼を承っています。経審点アップ、格付アップをしたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      今年には運用が始まるにあたり制度の開始を注目していましたが、ついにお客様からも「これっ
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      完成工事高は高い方を選ぶ! 完成工事高は高ければ高いほうがより[その部分の]点数は高く

スタッフ ブログ

  1. Image-テキスト
    私が購入したテキストは、ネットスクールという会社が出版している「建設業経理士2級 出題パターンと説き
  2. IMG_0516
    試験の申込みは、インターネットまたは郵送にて行えます。郵送の場合は、必要書類を郵便にて請求する方法と
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録