申請実績/ケーススタディ

【2017年12月】建設業許可新規:ぴったり5年の経営経験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2017年12月
申請内容:会社設立・建設業許可新規・電気工事業登録
許可種類:神奈川県知事/一般
経営業態:法人/横浜市鶴見区

お客様よりご紹介いただき、お手伝いさせていただきました。

 

経営経験ぴったり5年を待つ

初めてご相談いただいたときには、役員としてのご経験が5年に満たない時期でした。経営経験は少なくとも5年ないと、許可要件の一つである経営業務の管理責任者になることができません

会社設立後の許可申請だったので、設立手続きを進めながら、5年の経過を待ちました。

5年ぴったり経ったところで、申請しました。

 

電気工事業登録も

電気工事業を営むにあたり、まず電気工事業登録を行いました。建設業許可が下りるまでに1ヶ月半かかりますが、それより前に現場の工事は始まります。

住宅や工場・ビルで、一般用電気工作物や自家用電気工作物の配線や設備工事を行う場合は、電気工事業の登録が必要です。

許可が取れた後には開始届を出し、許可回りが万全な状態になりました。

 

書類を目で見て判断!

役員経験は履歴事項全部証明書などで証明します。

「確か、○年○月から役員だったな…」と思っていても、いざ履歴事項全部証明書を見てみたら☓年☓日だった…と、記憶とは違っていることがよくあります。

【経営経験5年】という年数は1日でも短いと許可が取れません。証明は全部書類で行います。書類は目で見てしっかり要件チェックが大切です。

 

建設業許可を取りたい!というご相談は、お気軽に弊所までお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、入札
      川崎市に続いて、横浜市からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジュールや変

スタッフ ブログ

  1. ー経理 本田ですー 国土交通省の「建設業構造実態調査」によると、 「後継者問題」を経営上の課題に挙げ
  2. 建設業経理士試験 9月9日(日) いよいよ試験日ですね! 解きやすい問題が出ますように!と願うばかり
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録