申請実績/ケーススタディ

【2018年1月】建設業許可更新:有効期限間近!重任登記と変更も行う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2018年1月
申請内容:建設業許可更新・変更
許可種類:神奈川県知事/一般
経営業態:法人/横浜市港南区

有効期間まで残りわずか…というタイミングでのご相談でした。

 

いつ更新申請をするか

建設業許可の有効期間は5年間。

有効期間が切れる3ヶ月前~30日前までの間に更新申請をするのがルールとなっています。

もしこの期限を過ぎて、つまり30日を切って申請をすると…?

▼申請書に「期限内提出指導済」という印鑑が押されます。
▼有効期限が到来しても、新しい許可通知書が届かない可能性があります。

 

有効期間が切れても許可通知が届かない!

許可期間内に申請を行っていれば、従前の許可が有効に続く、と考えてOKです。

ただし、対外的に証明する書類としてよく使われる許可通知書が無い状態が生じてしまうので、取引先から求められた時には収受印のある更新申請書を提示しつつ、説明が必要になることもあるかもしれません。

 

変更や重任登記が必要なケース

今回お手伝いさせていただいたケースでは、弊所は初めての関与になったためこれまでの情報が一切ありませんでした。そして初めてお問い合わせいただいたのが申請をしなければいけない最終日の4日前でした。

ヒアリングの結果、【重任登記】と【変更届】が必要であることが判明しました。

重任登記は役員任期が満了したのでもう一度就任しますよ、ということを登記する手続きとなります。登記は提携の司法書士さんにお願いしました。

何とか申請しなければいけない日の前日には申請を行うことができました。

 

余裕を持って!

今回はスタッフ全員のスケジュールを調整して何とか申請を行うことが出来ましたが、書類を整えることが出来なければ申請出来ませんので、必ず間に合うわけではありません。またお客様側の作業も発生します。責任持って期限内に出せないと弊所の責任問題ですので、今回もお引き受けするかどうか話し合いを行った結果、お手伝いさせていただくことになりました。

更新はどうか余裕を持ってお手続き下さい!

建設業許可の更新については、お気軽に弊所までお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      H30.4経審改正 平成30年4月以降に申請する経審から適用されることになった、新しい
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      多くの自治体で今年は定期入札参加資格申請の年になります。現在有効な資格が平成29、30

スタッフ ブログ

  1. こんにちは。笹森です。弊所では建築士事務所登録のご依頼も多く頂いております。 届出事項のうち、建設業
  2.   こんにちは! 藤田事務所の外山(とやま)です。   建設業は29種類あり、2
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録