申請実績/ケーススタディ

【2019年11月】建設業許可新規:個人から法人へ、東京から神奈川へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2019年11月
申請内容:建設業許可新規申請
申請先:神奈川県
事業形態:法人/川崎市麻生区

 

個人から法人への許可は引き継げるか

個人事業主として取得していた許可をそのまま法人に引き継ぐことは、現在のルールではできません。個人と法人は別の事業体として考えられ、仮に個人事業主が法人の代表者となって設立した会社であっても引き継げません。

神奈川県の申請実務上、直近で個人事業主として営業されていた方の場合、法人として建設業許可新規申請を行う時点で[個人事業の廃業届]を提出・添付する必要があります。そして個人として建設業許可を持っていた場合には、この時点で当然廃業届を出すことになります。

建設業許可新規申請から許可が下りるまで、2019年11月現在、約1ヶ月半がかかっていますが、この間は個人としても法人としても許可の無い状態が生じてしまうことになります。

 

営業所の移転に伴い

今回の申請では、法人化に伴い営業所のご移転もありました。東京都から神奈川県への移転となりましたので、神奈川県に対して許可申請を行いました。

 

もし近い将来、法人化を検討されている場合

個人から法人への許可の引継ぎができませんので、一度個人で許可を取った後に法人化して許可を取ると、空白期間が生じる、費用がかかるなどのデメリットがあります。

もちろん個人事業主のまま営業を続けることを選択する方もいらっしゃいますが、近い将来に法人化を検討している場合には、建設業許可を取得する前に法人化した方がコストがかからず、空白期間のリスクがなくなる場合もあります。

お客様の展望をもとに、最適な方法とスケジュールを一緒に考えていきましょう。

 

 

建設業許可のお手続き、経審のお手続き、経審点アップ、建設キャリアアップシステムのお手続きについては、お気軽にブリジアスまでお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   新型コロナウイルス感染拡大を受け、許認可の申請方法を郵送へと切り替える自治体が増えてきました。
  2.   この4月は実務的な変更点がかなり多く発生します。変更点をまとめてみました。   大臣許

スタッフ ブログ

  1. とび・土工工事業の技術者を解体工事業の技術者とみなす経過措置期間が令和3年3月31日をもって終了しま
  2. 2020.8.4

    夏到来!
    ー経理 本田ですー 8月に入りました。 梅雨明けし、これから夏本番というところですが、肝心のコロナは
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録