スタッフ ブログ

引越

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

 

行政書士藤田事務所の補助者の外山です。

「外山」と書いて「とやま」と読みます。

 

建設業含むどの業界においてもいえることですが、会社を運営するにあたり、当然営業所を設ける必要があります。

ちなみに建設業における営業所とは何でしょうか。

 

営業所とは、建設業を営むための常設の事務所を有し、看板等の表示の他、見積り、契約等の実態的な業務を行っている場所です。

この営業所の所在地を変更した場合には建設業課に届出を出す必要があります。

届出をすべき場合に届出を行わなかったときは建設業法第28条及び50条による罰則が適用されることもあります(6か月以下の懲役又は100万円以下の罰金)。

 

届出すべきなのに、忘れていた!

届出書作るのに手間を割けない!

 

そんな建設業者のみなさま、

藤田事務所が書類作成・その届出を担います!!

ぜひ、ご連絡を。

 

 

私事ですが、ついに引越が決まりました。

私、横浜に住みます!!

ライフラインの開栓手続きをはじめとする各手続きをし、引越の荷物の梱包作業をしなければならない日々が続いています(下記の写真は引越準備の時のものです)。忙しい!

成田物件

 

ちなみに補助者の住所が変更した場合も行政書士会に住所の変更届を出すこととなっています。

変更届を出さなきゃ!

 

<行政書士 藤田事務所連絡先>
TEL:045-232-4025
FAX:045-232-4026
〒231-0023 横浜市中区山下町1番地
シルクセンター国際貿易観光会館411

※クリックするとGoogleMapが開きます。

アクセス抜群です!
地下鉄マークみなとみらい線『日本大通り駅』3番出口から徒歩3分
地下鉄マークJR京浜東北線『関内駅』or『桜木町駅』徒歩15分

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   特定建設業許可には悩ましいポイントがいっぱいです。   特定建設業許可で勘違いされやす
  2.   全国の建設業許可業者数が発表されました。 スタッフ笹森が詳しく書いてくれていますが、な

スタッフ ブログ

  1. スタッフ笹森です。大型連休明けの今週は、キーボードを打つ手がなまっていて、打ち直しを繰り返していたの
  2. 2019.4.24

    建設業とGW
    ―経理 本田です― 4月も間もなく後半 いよいよ10日間のゴールデンウイークがやってきます 長いです
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録