建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q18.「誠実性があること」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「誠実性があること」とは?

許可要件の一つに「法人そのものや法人の役員、個人事業主について請負契約に関して不正または不誠実な行為をするおそれがないこと」とあります。

不正な行為とは、工事の請負契約を締結するときや、契約を履行、つまり実際に施工していくときに、詐欺や強迫、横領など、法律に違反する行為のことです。不誠実な行為とは、工事内容や工事期間などについて請負契約に違反する行為のこと。

建設業法・建築士法・宅建業法などでこれらの行為を行ったことで免許等の取り消し処分を受けたり、営業の停止などの処分を受けて5年を経たない者はこの要件に引っかかってしまいます。また役員や個人事業主が暴力団の構成員である場合には許可がおりません。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   新型コロナウイルス感染拡大を受け、許認可の申請方法を郵送へと切り替える自治体が増えてきました。
  2.   この4月は実務的な変更点がかなり多く発生します。変更点をまとめてみました。   大臣許

スタッフ ブログ

  1. -経理 本田です- まもなく5月も終わり。 コロナ禍にあっては、例年の季節感を体感する機会も少なく
  2. スタッフ笹森です。 工事現場に配置すべき技術者についてまとめてみました。 配置する工事の違い 主任技
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録