建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q19.「請負契約を履行するに足る財産的基礎を有すること」とはどういう意味か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「請負契約を履行するに足る財産的基礎を有すること」とはどういう意味か?

要件の一つ、「請負契約を履行するに足る財産的基礎を有すること」とは、具体的に次のどちらかに当てはまることが必要です。

①直前決算で自己資本が500万円以上あること

…貸借対照表の純資産合計の額の部分を見ます。

②500万円以上の資金調達能力があること

…金融機関が発行する預金残高証明書などで証明していきます。

もし自己資本額が500万円以上でない場合には金融機関で500万円以上の預金残高があることの証明書を発行してもらいます。既に法人の設立をする場合で建設業許可の取得をお考えの場合には、あらかじめ資本金として500万円以上入れておき、自己資本額500万円以上を維持しておくことで残高証明は不要になります。※ただし1,000万円以上にすると設立初年度から消費税の課税事業者になります。

 

ちなみに特定建設業の場合は、次のすべてに当てはまることが必要です。

①欠損の額が資本金の20%を超えないこと。

②流動比率が75%以上であること。

③資本金が2,000万円以上であること

④自己資本が4,000万円以上であること

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   今までに既に建設業許可を持っていたり、経審を受けていたりするお客様に新たに関与させてい
  2.   どの業務もそうですが、経審業務も非常に奥が深くて、よく理解し経験を積んでいないと適切な

スタッフ ブログ

  1. 2019.7.12

    建設業とICT
    -経理 本田です- 7月も中旬 最近は雨模様の日も多くなっていますが 昨年の7月のような記録的な猛暑
  2.   指定給水装置工事事業者制度に更新制が導入 令和元年10月1日より水道法の一部を改正する
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録