建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q1.うちの会社に建設業許可は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q1.うちの会社に建設業許可は必要?
必要になるのは「大きな工事」と「公共工事」

下記2つのパターンが考えられます。

1.規模の大きな工事を請け負うとき
建設業許可は、「軽微な建設工事」だけを行う場合には不要とされています。

この「軽微な建設工事」とは何かというと、

 (ⅰ)一式工事(土木工作物や建築物を総合的に企画して建設する工事)の場合
 1,500万円未満の工事 又は 延べ床面積が150㎡未満の木造住宅工事
 このどちらかに当てはまれば「軽微な建設工事」をいうことができます。

 (ⅱ)一式工事以外の工事の場合
 500万円未満の工事

これら「軽微な建設工事」だけを行う場合には、必ずしも建設業許可を取得する必要はありません。

2.公共工事に入札したいとき
建設業許可がなければ、公共工事に入札することが出来ません。

流れとしては、(1)建設業許可を受ける (2)経営事項審査を受ける (3)各自治体や省庁の入札参加資格を得る ことになります。

この(2)と(3)の前提として、建設業許可を持っていることが条件となります。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   建設業法の大幅改正が先週閣議決定されました。国会での成立を経て、改正となります。  
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      横浜市も神奈川県も2年度ごとの入札参加資格で、現在進行中の資格が平成29,30年度、次

スタッフ ブログ

  1. 2019.3.20

    建設業と性格
    ―経理 本田です― 3月もあっという間に月末 いよいよ新年度が始まります 今年の建設業界の就職事情は
  2. こんにちは。スタッフ笹森です。建設業許可の要件のひとつである「専任技術者」とはどのようなものなのでし
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録