建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q10.一般と特定の違いについて教えてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般と特定の違いについて教えてください

建設業の許可をとるときには、その業種ごとに「一般」建設業か、「特定」建設業、いずれかの許可を取得することになります。

建築一式工事のケースでは、発注者から直接請け負った工事で、4,500万円以上の工事を下請に出す場合には「特定」建設業の許可が必要になります。建築一式工事以外の専門工事のケースでは、発注者から直接請け負った工事のうち、3,000万円以上の工事を下請に出す場合に「特定」建設業の許可が必要となります。

これ以外の場合には、一般建設業の許可で問題ありません。非常に分かりにくいですが、「特定」建設業の許可が必要になるのは元請業者のみです。一次下請業者が二次下請業者に下請を出す場合に上記の金額を上回ったとしても、「特定」建設業の許可は必要ありません。また、例えば1億円の請負金額となる工事を発注者から請け負ったとして、すべてを自社で施工する場合も「一般」建設業許可で問題ありません。

したがいまして、【発注者から直接工事を請け負った元請業者が4,500万円以上(一式工事以外は3,000万円以上)の工事を下請けに出す場合】このようなケースが考えられる場合には、「特定」建設業の許可が必要になるのです。

「特定」建設業の許可をとるためには要件が「一般」と比べて厳しくなります。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   建設キャリアップシステムの動きが様々出てきました。5年後には全技能者を登録させたいとい
  2.   藤田です。 3月、4月、5月決算の会社様の経審がラッシュな感じになっています!今日は2

スタッフ ブログ

  1. スタッフ笹森です。いよいよ消費税が10%となります。あれ?消費税っていつから始まったんだっけ?と振り
  2. ー経理 本田ですー 8月も間もなく終わり、ここ数日は多少過ごしやすい気温になってきました。 子どもの
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録