建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q7.建設業許可を取るのは難しいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建設業許可を取るのは難しいか?
簡単ではありません。要件をクリアし、それを証明する必要があります。

 

弊所にご相談頂いたお客様のうち、最初から要件を満たして申請出来るケースは5割程度です。

よく「昔はもっと簡単に許可を取れた」と言われます。建設業許可の制度は以前よりも厳しくなり、提出する書面も年々増えています。

許可要件の中には例えば「取締役として建設業経営に携わった経験が5年以上必要」などというものがあり、これは絶対的に年数の経過が必要になります。また自己申告ではダメで、証明出来る書類も必要です。

そのため、これから許可を取りたいとお考えの方に声を大にして言いたいことは
(1)確定申告書や工事に関係する書類はとにかく保管しておくこと
(2)今のまま数年経過して本当に許可が取れるのか、一度チェックしておくこと

書類さえあれば…ということは非常にたくさんあります。また、「5年経てば取れると(かつて専門家に)言われた」とおっしゃるお客様の状況を確認して、このまま経過しても絶対に取れないだろうと思われるケースもありました。

ぜひ一度チェックしてみてください。弊所でも承っております。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   新型コロナウイルス感染拡大を受け、許認可の申請方法を郵送へと切り替える自治体が増えてきました。
  2.   この4月は実務的な変更点がかなり多く発生します。変更点をまとめてみました。   大臣許

スタッフ ブログ

  1. -経理 本田です- まもなく5月も終わり。 コロナ禍にあっては、例年の季節感を体感する機会も少なく
  2. スタッフ笹森です。 工事現場に配置すべき技術者についてまとめてみました。 配置する工事の違い 主任技
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録