建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q16.経営業務の管理責任者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経営業務の管理責任者とは?

まず要件の中でも最もハードルが高いといわれる経営業務管理責任者についてご説明します。

建設業許可を取得するためには、営業所に「経営業務の管理責任者」を置かなければなりません。この「経営業務の管理責任者」となるためには、大きく分けて2つの条件があり、この両方をクリアする必要があります。

まず一つ目は、法人の場合、常勤の役員であること。個人の場合、事業主本人または支配人登記した支配人であること。二つ目は、許可を受けようとする建設業に関して、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること、または許可を受けようとする業種以外の建設業に関して、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。

つまり、
①法人の場合は役員、個人の場合は事業主または支配人であった期間
②所属していた業者が建設業を行っていた期間

この①と②の重なる期間が申請する建設業種の経験によるものであれば5年以上、それ以外の業種であれば7年以上あることが必要なのです。

これらを客観的な書類を使って証明していくことになります。どのような証明書類が必要になるかはお客様や経営業務管理責任者となる方の経歴や状況により変わってきます。

また、前提として『経営業務の管理責任者』はその会社に常勤していないといけません。つまり、他の会社に常勤している場合は、申請会社の「経営業務の管理責任者」になることはできません。他者で非常勤役員になっている場合には他社からの非常勤証明が必要になります。
       
そして他者または個人で建設業許可を取っている場合で、その事業体の『経営業務の管理責任者』や「専任技術者」になっている場合には、新しく申請する会社で『経営業務の管理責任者』になることはできません。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、入札
      川崎市に続いて、横浜市からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジュールや変

スタッフ ブログ

  1. ー経理 本田ですー 国土交通省の「建設業構造実態調査」によると、 「後継者問題」を経営上の課題に挙げ
  2. 建設業経理士試験 9月9日(日) いよいよ試験日ですね! 解きやすい問題が出ますように!と願うばかり
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録