建設業許可の新規取得に関するQ&A

Q22.登記上の本店と異なる営業所で申請できるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q.登記上の本店と異なる営業所で申請できるか?

A.できます。

例えばこんなケースです。

【社長のご自宅を本店として登記しているが、対外的な営業所は別に構えている】

こういったケースはたくさんありまして、弊所の関与先様でも、登記上の本店と異なる営業所で建設業を営んでいるという会社様は、10~15社に1社程度、あるのではないかと思います。

この場合、「実際に建設業を営んでいる営業所」を主たる営業所として申請します。つまり、登記上の本店と異なっていたとしても認められますので、ご安心ください。

申請書の申請者欄には

 (登記上の本店)横浜市中区◯◯
 (事実上の本店)横浜市中区☓☓

といった感じで二段書きをします。ココ以外はすべて事実上の本店を記載します。もし登記上の本店でも建設業を営む場合には申請内容が変わってきますので、ご相談ください。

 

 

なお、例えば産業廃棄物収集運搬業許可の場合には、登記上の本店住所が申請者住所となります。実際に産廃業を営んでいる事務所として、事実上の住所を申請します。

許認可により事実上の住所を認めているケース、認めていないケースがありますので、確認しながら進める必要があります。

 

 

横浜市、神奈川県内の建設業許可申請は、県内実績多数【藤田事務所】にお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   シミュレーションをしている時によく陥ること 経審の申請準備の中には必ず「結果的に何点に
  2.   先日は所属している神奈川建行協の定期研修会がありました。神奈川建行協は、建設業を専門と

スタッフ ブログ

  1. こんばんは。スタッフ笹森です。本日は建設業許可新規申請1件と 決算変更届4件の届出、電気工事業の届出
  2. 2018.11.30

    建設業と防寒
    ー経理 本田ですー 2018年も残すところ1ヶ月となりました。 この冬は東日本・西日本ともに暖冬傾向
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録