建設業許可取得後の手続きに関するQ&A

Q1.建設業許可を取得した後に必要な手続きを教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建設業許可を取得した後に必要な手続きを教えてください。

許可を取得した建設業者には、いくつかの義務が課せられます。

①決算変更届の届出

毎事業年度終了後、4ヶ月以内に「決算変更届」を提出しなければなりません。

新規に許可をとるときに提出したような工事経歴書や工事施工金額表などを作成し、財務諸表や納税証明書など添付し届出を行います。この決算変更届は毎年提出しなければならないもので届出をすべき場合に届出を行わなかった場合、建設業法違反となってしまいます。またそれだけでなく、次回更新時に手続きがスムーズに行うことができなくなってしまいます。

毎年のことで面倒なのですが、建設業許可を適法に取得し続けるために、決算が終わったらすぐに「決算変更届」を提出するようにしましょう。

②更新手続き

建設業許可は5年ごとに更新の手続きをしなければなりません。

更新の申請をするときは、今ある許可の有効期間の満了の日の3ヶ月前から30日前まで

に申請します。

 更新の申請をせずに有効期間が満了してしまった場合には残念ながらその業種の許可がなくなってしまいます。もう一度新規に撮り直しが必要になりますので、更新申請の期限には要注意です。

③各種変更届

会社の基本事項などが変わった場合、届出をしなければなりません。

例えば以下のような項目に変更があった場合、変更から30日以内に許可行政庁への届出を行います。

・商号

  ・営業所の所在地・名称

  ・資本金額

  ・役員

下記の変更は変更から14日以内に届け出なければなりません。

・経営業務の管理責任者

・専任技術者  など

④許可標識の掲示

営業所及び工事現場に標識を掲示しなければなりません。下記項目の記載が必要です。

・一般建設業又は特定建設業の別

・許可年月日、許可番号及び許可を受けた建設業

・商号又は名称

・代表者の名前

・主任技術者又は監理技術者の氏名(店舗に掲げる標識には不要)

一定の様式に従って、決められた大きさで作成しなければなりません。

建設業許可標識については当事務所でご案内をしておりますのでご安心ください。

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      H30.4経審改正 平成30年4月以降に申請する経審から適用されることになった、新しい
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      多くの自治体で今年は定期入札参加資格申請の年になります。現在有効な資格が平成29、30

スタッフ ブログ

  1. -経理 本田です- 関東甲信地方では、1951年の統計開始以来、初めての6月の梅雨明けとなったそうで
  2. 第3問は費目別計算か部門別計算文字にすると難しそうですが、計算のパターンを覚えれば大丈夫!満点採れま
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録