解体工事業登録について

Q5.500万以上の解体工事を請け負うようになったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

500万以上の解体工事は「登録」ではダメ

500万未満の工事であっても、「解体工事」であれば登録が必要です。

500万円以上の解体工事を請け負うなら、登録ではダメです。建設業許可が必要です。

  • 500万未満の解体工事だけ請け負う → 解体工事業登録が必要(建設業許可でもOK)  
  • 500万以上の解体工事も請け負う  → 建設業許可を持っていないといけない

 

建設業許可は29業種に分かれていますが、そのうちの【解体工事】という業種が必要になります。

 

建設業許可を取るのは難しい?

「要件を満たさないと取れない」というのは解体工事業登録も建設業許可も同じなのですが、それでもやっぱり建設業許可の方がハードルとしては高め。

何故かというと、裏付け資料が必要になるからです。

過去の経営経験や技術者としての実務経験を当時の書類で証明していく必要がある場合があり、証明書類が無いと許可は取れません。

大事なことは、「今は小さい工事だけど、いずれ大きいのを請け負うだろう!」というビジョンがあるなら、いずれ許可を取らなければならないので、そのための準備をしておくことです。認められる書類は決まっているので、中期計画で準備していきましょう。

 

解体工事を行っているけど登録していない、登録はしているけど500万以上の工事を請け負いたい、という方は、お気軽にご連絡ください!お問い合わせは電話or問い合わせフォームからどうぞ。 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
    前回の「経管がなくなるかも!?」に続き、建設業界にとっての大きなニュースが続きます。  
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      驚きのニュース速報!   「経管のあり方」とは 国土交通省で、経管要件のあり

スタッフ ブログ

  1. a93db773cb64ec9f0c4c0cf173f14a2a_s
      こんにちは! 行政書士藤田事務所の外山(とやま)です。   産業廃棄物を収集
  2. ファイル_002
    [平成30年度上期]建設業経理士試験申込み締切日 6月19日(火)が平成30年度上期建設業経理士試験

行政書士藤田麻衣子ブログ新着情報

  • 現在新しい記事はありません
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録