申請実績/ケーススタディ

【2017年12月】建設業許可新規:他社で経管・専技になっていてはダメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2017年12月
申請内容:法人設立・建設業許可新規申請(土、舗、水など)
許可種類:神奈川県知事/一般
経営業態:法人/横浜市南区

 

ご紹介で、【法人設立+建設業許可申請】のご依頼をいただきました。

 

許可業者期間5年以上あり

直前まで、建設業許可を持っている法人で取締役に就任していました。取得したい業種もほぼ同じ、期間も十分にあります。

経営業務の管理責任者の経験証明としては最もシンプルな許可業者証明をすることができました。

 

資格も代表者が保有

取りたい許可業種に対応する資格も、代表者が保有していましたので、この点も最もシンプルな証明となりました。

 

直前に建設業許可業者に在籍している場合

気になったのは、「直前の会社で経営業務の管理責任者か専任技術者になっていないか?」ということ。

他社で「経営業務の管理責任者」あるいは「専任技術者」になっている場合には、新たに申請する会社でそれらの立場になることが出来ません。

神奈川県の場合、申請する時の窓口では判明しません。二次審査に入ってからの調査で重複が判明すると連絡が入ることになります。連絡が来るタイミングは様々で、審査の割と早い段階のこともあれば、最終段階と思われることもあります。(以前、もう間もなく許可が出る!というタイミングでこの連絡があったことがありました。他県で経営業務の管理責任者として登録されたまま、変更されていなかったというもので、急いで変更をしていただきました)

今回は事前にお客様に確認し、「直前の会社で専任技術者になっている」ということが分かっている状態でしたので、変更していただくようお願いし、スムーズに審査が進みました。

 

必要な許可は設立時にまとめて

今回は、下記のご依頼をいただきました。

  • 会社設立
  • 建設業許可申請
  • 産業廃棄物収集運搬業許可

営業するのに必要な基盤整備として早々に進めていただき、お客様からは「想定以上に売上が上がっている」と嬉しいご報告もいただきました!

今後、公共工事への算入も視野に入れられています。守りを固めて、更に売上を伸ばしていくお手伝いをさせていただきます!

 

建設業許可を取りたい、公共工事に参入したい、経審点を上げたい、というご希望のお客様は、お気軽に藤田事務所までご相談ください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士
      定期申請が間もなく終わります! 平成31、32年度の入札参加資格を得るための定期申請も
  2.   シミュレーションをしている時によく陥ること 経審の申請準備の中には必ず「結果的に何点に

スタッフ ブログ

  1. ―経理 本田です― 2019年 改めまして、あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお
  2. 2018.12.28

    仕事納め!
    こんにちは。スタッフ笹森です。 本日、12月28日が仕事納めの会社様は多いことと思います。 弊所も本
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録