産業廃棄物収集運搬業許可申請

産業廃棄物収集運搬業許可申請

産廃収集運搬業許可もお任せください!

行政書士法人ブリジアスでは、神奈川県を中心に関東圏の産廃収集運搬業許可を取り扱っています。

産業廃棄物を[積む場所]と[下ろす場所]での許可が必要です

基本的に都道府県単位で許可を取ります。

廃棄物の積み下ろしをする場所のある都道府県ごとに許可が必要です。通過するだけであれば、許可は要りません。

県内だけでなく、東京、千葉、埼玉等の現場での工事も行う会社様では、必要な自治体分をまとめて取得するケースが多いです。

(例)★神奈川県内の現場で廃棄物を積み込み、神奈川県内の処分場に下ろす場合
→ 神奈川県の許可があればOKです。★東京都内の現場で廃棄物を積み込み、神奈川県内の処分場に下ろす場合
→ 東京都と神奈川県の許可が必要です。

 

建設業と産廃許可

建設工事によって排出された産業廃棄物を運搬するときには、産廃収集運搬業許可が必要になります。

このとき、元請会社が排出事業者になりますが、排出事業者が自分で運搬する「自社運搬」の場合には、許可は不要となります。(最後まで適切に処理されることについての義務はあります)

下請会社が現場で排出された廃棄物を運搬するときには、許可が必要になります。

弊所でお手続きした中には、こんなケースがあります。

・解体工事をメインで営んでいる。下請として工事を行うとき、現場で出た廃棄物を運搬するところまでやりたい

・道路のカッター工事を行うときに排出される汚泥を運搬したい

・ほぼ元請として請け負っているが、時々下請として入る場合もあるので、念のため持っておきたい

無許可営業には重い罰則があります

【罰則】5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこれの併料

元請業者(委託基準違反)

無許可業者に産業廃棄物の収集運搬を委託した

下請業者(受託禁止違反)

無許可で産業廃棄物の収集運搬を受けた

課される罰則の内容によっては、建設業許可の維持にも影響を及ぼします。最悪の場合、産廃の無許可営業をしてしまったことで、建設業許可が取り消されるケースも。「無許可でやっている人もいる」という声も聞かれますが、違法状態のリスクを抱えたまま営業を続けることは怖いこと!要件も厳しくありませんので、ぜひ許可を取得しましょう。

取得には時間がかかります!

講習の予約・受講 許可を取ることを決めたらすぐに予約を取ります。全国どこの開催地のものでも構いませんが、東京都・神奈川県では大変予約が取りづらい状況となっています。 3ヶ月以上先
申請の予約 申請は予約制です。すぐに予約を取りますが、時期により混み合っている場合には、少し先になる場合があります。
申請から許可まで 都道府県により異なりますが、最近の申請では、神奈川県で2ヶ月くらいかかっています(令和3年7月現在) 2~3ヶ月

このように許可が取れるまでに時間がかかりますので、思い立ったらまずお問い合わせください。

行政書士法人ブリジアスの特徴

お客様のお手間を最大限に省く方法をとっています。

講習会の予約も代行しています

・住民票や履歴事項全部証明書、納税証明書などの証明書類はすべて代行取得します

・独自のヒアリングシートにより、スムーズに情報をいただきます

・神奈川県庁の資源循環推進課まで徒歩3分。無駄なくお手続きします

代行費用

産業廃棄物収集運搬業許可(積み替え保管なし)

(報酬)80,000円+消費税 +(自治体申請手数料)81,000円 + 実費

※事業計画書の作成が必要になる場合、車両台数が10台を超える場合は別途お見積もりいたします。
※同時に複数自治体に申請される場合には、2自治体目から割引を適用します。

産廃収集運搬業許可Q&A

Q.個人事業主でも許可はとれるの?
> A:個人事業主の許可申請

Q.運搬容器は何を用意すればいいの?
> A:運搬容器について

※随時追記していきます。
Q.うちの会社では必要?

Q.どんな車両が必要?やっぱりダンプが無いとダメ?

 

神奈川県の産廃収集運搬業許可を取得されたい方は、申請実績多数
【行政書士法人ブリジアス】までご連絡ください!

 

ページトップへ矢印