スタッフ ブログ

建築士事務所の「設計等の業務に関する報告書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。笹森です。弊所では建築士事務所登録のご依頼も多く頂いております。

届出事項のうち、建設業許可でいう決算変更届のような一年に一度の業務報告「設計等の業務に関する報告書」についてご案内します。

 

設計等の業務に関する報告書

建築士事務所の開設者は、毎事業年度ごとに「設計等の業務に関する報告書」の提出を義務付けられています。

平成19年6月20日以降、義務づけられているもので、ご存知ない方も多いように思われますが、報告書を提出しなかった場合、督促状が届くこともあるようです。

また、建築士法第41条により、30万円以下の罰金に処せられる場合もあると神奈川県のホームページに記載されております。神奈川県では、処分を受けてしまった事務所は無いようですが、報告書の提出がなされず、立ち入り調査が入った事務所はあるようです。

☆期限内に報告書の提出を行いましょう☆

 

報告書の届出内容

大まかに、下記の内容を報告します。

  • 事務所の業務の実績:「設計・工事監理」及び「その補助業務」について建物の用途、規模、構造、工事の期間など
  • 所属建築士の名簿:「氏名」「資格」「定期講習の受講について」など
  • 所属建築士の業務の実績
  • 所属建築士の当該事務所における業務の実績
  • 管理建築士による意見の概要

 

これらは、5年間の閲覧対象となります。

以前にあった構造計算書偽造問題を受けてのことと思いますが、通常業務のなか、一年に一度「いつまでに?」「どこに?」報告するのか、と悩まれるのも大変のことと思います。(報告書の閲覧は神奈川県庁で簡単に行えます。建築士事務所がどのくらいの規模の業務を行っているのか、各建築士がどのくらいの業務を行っているのか…誰でも確認ができます。)

弊所では期日管理から届出までお手伝いさせて頂きます。
報酬額は、報告の業務量によります(3万円~)。ぜひご相談くださいませ。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   シミュレーションをしている時によく陥ること 経審の申請準備の中には必ず「結果的に何点に
  2.   先日は所属している神奈川建行協の定期研修会がありました。神奈川建行協は、建設業を専門と

スタッフ ブログ

  1. こんばんは。スタッフ笹森です。本日は建設業許可新規申請1件と 決算変更届4件の届出、電気工事業の届出
  2. 2018.11.30

    建設業と防寒
    ー経理 本田ですー 2018年も残すところ1ヶ月となりました。 この冬は東日本・西日本ともに暖冬傾向
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録