スタッフ ブログ

【建設業許可】複数の業種をお持ちの場合、有効期間の調整ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

外山(とやま)です。

 

7月中旬くらいから風邪をひき、ずっと体調が悪いです。

妻と子どもの3人で住んでいますが、その中のだれかが体調の悪い日が続いています。

3人で風邪ウィルスを共有しています☆

 

さて、今回は建設業許可の有効期間についてのお話です。

 

 

建設業許可には有効期間がある

建設業許可は取得できたら、その後何ら手続きをする必要がない…というものではありません。

たとえば、営業所を移転したという場合には、営業所の変更届を許可行政庁に提出しなければなりません。

 

そして、建設業許可には5年の有効期間があります。

この有効期間の満了する前に、許可の更新申請をしなければならないのです。

 

 

複数の業種、許可の有効期間が複数生じることもある

たとえば、まず初めにとび・土工の建設業許可を取得したとします。

このとび・土工工事業の許可業種についての有効期間は5年です。

 

このあと、解体工事業の許可業種を追加で取得したとします。

解体工事業の許可業種についての有効期間も5年です。

 

このケースの場合、「とび・土工工事業」と「解体工事業」の2業種を持っていることとなりますが、それぞれの有効期間の満了を迎える日が異なります。

このように許可の有効期間が複数生じることもあるのです。

 

有効期間を過ぎてしまうと、その許可については失効してしまいます。

許可の有効管理は非常に大切で、手間がかかります。

 

 

許可の有効期間の調整ができる

複数の業種の許可につき、許可の有効期間を調整することができます。

調整できるタイミングは①許可の更新時と、②許可の業種追加、般・特新規の申請時です。

 

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

 

許可の更新時における有効期間の調整

同じ業者様で、許可日が複数あるケースです。

先に有効期間の満了を迎える許可の更新の申請をする際に、有効期間が残っている他の建設業の許可についても同時に許可の更新申請をすることができます。

 

この場合、先に有効期間の満了する許可にあわせて、許可日は同一になります。

 

 

許可の業種追加、般・特新規の申請時における有効期間の調整

既に許可を受けている業者様がさらにほかの建設業について業種の追加(般・特新規を含みます)して許可の申請をするケースです。

有効期間の残っている従来の建設業の許可についても同時に許可の更新申請をすることができます。

 

この場合、追加する許可にあわせて、許可日が同一になります。

 

なお、神奈川県知事許可申請の場合、追加する許可と同時に更新を申請することができる従来の有効期間は、原則として3カ月以上残っていることが必要です。

 

 

まとめ

許可の有効期間の調整についてのお話でした。

許可の有効期間の調整のできるタイミングは①許可の更新時と、②許可の業種追加、般・特新規の申請時です。

 

藤田事務所では、建設業許可、経審申請、入札参加資格申請など、建設業に関する手続きのご依頼を承っています。

許可を取りたい方、経審点アップ、格付アップをしたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      まず点数を上げたいと思ったら取り組むW点 加点幅の大きいW点の中で、取れる項目はしっか
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ

スタッフ ブログ

  1.   こんにちは。笹森です。外でお弁当を広げるのが気持ち良い季節になりました。山下公園は藤田
  2.   こんにちは、外山(とやま)です。   建設業許可は営業所所在地を管轄している
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録