スタッフ ブログ

横浜市平成30年度建設業に関する資格取得助成金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新緑がまぶしい季節です!新年度がスタートし、横浜市の平成30年度建設業に関する資格取得助成金の募集が始まっております。簡単にですが、どんな助成金かご説明しますと…

補助対象

横浜市内に本社を置く、建設業の許可を受けている中小企業で、従業員の建設業にかかわる国家資格取得に要する費用を負担する中小企業
→個人に支給するのではなく企業に支給するということ

補助対象経費等

建設業に係る資格取得に要する受検料及び講習受講料(※上限あり)
【対象となる資格例】
建設機械施工技師/土木施工管理技士/建築施工管理技士/電気工事施工管理技士/管工事施工管理技士/造園施工管理技士など

受付けについて

助成金の申請後に申込を行い、かつ30年度に実施する試験及び講習
→特例を除いて、先に試験・講習を申込んでしまうと、申請は受付けてもらえないので注意です!
受ける試験・講習が決まったら、ます申請です!

横浜市経済局 経営・創業支援課の該当ページはこちら→http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/jinzai/kensetugyojosei/201804101000.html

予算に到達した時点で受付終了とのことで、昨年は秋口には締め切りになったそうです。

建設業許可の業種追加は資格があると、とてもスムーズです。また、技術者の方の保有する資格で経営事項審査の加点もアップします! 資格取得は個人のためにも会社のためにもなると思います☆この機会に新たな資格取得をご検討をされてはいかがでしょうか? 

笹森

☆業種追加、経審点アップのご相談等ございましたら、よろしくお願いいたします☆

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   シミュレーションをしている時によく陥ること 経審の申請準備の中には必ず「結果的に何点に
  2.   先日は所属している神奈川建行協の定期研修会がありました。神奈川建行協は、建設業を専門と

スタッフ ブログ

  1. こんばんは。スタッフ笹森です。本日は建設業許可新規申請1件と 決算変更届4件の届出、電気工事業の届出
  2. 2018.11.30

    建設業と防寒
    ー経理 本田ですー 2018年も残すところ1ヶ月となりました。 この冬は東日本・西日本ともに暖冬傾向
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録