ブログ

【経審改正】営業用ダンプ車もOK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平成30年4月1日経審改正

4つの項目が改正になります。

>>詳しくはこちらの記事でまとめています。

改正点の1つ、建設機械については、認められるものが増えました!一体どの建設機械がOKになったのでしょう?

 

認められる建設機械が幅広くなる

これまで大型ダンプ車のうち、加点として認められていたのは[自家用]のみ。これに対して4月からは、[営業用]の大型ダンプ車も評価対象に追加されます。
 
営業用ダンプ車の要件は、以下の通り。
 
▽車両総重量8トン以上 または 最大積載量5トン以上であること
▽経営する事業の種類として建設業を届け出ていること
▽表示番号の指定を受けていること
▽車検証備考欄 表示番号の後に「(建)」と表記されていること

車検証に(建)の表記がない場合には、事前に運輸局に届出を行わないと認められません。

 

加点になるためには他にも

売買やリースにより使用できる権限があることの証明書類や、特定自主検査記録表(バックホウ等の場合)、自動車検査証(大型ダンプ車の場合)なども必要です。審査基準日時点で有効期間のある書類をそろえておかなければいけませんので、決算を迎える前に準備を始めましょう!

 

経審手続き、シミュレーション、点数アップ対策のお手伝いをしています。ご相談はお気軽にどうぞ!

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      まず点数を上げたいと思ったら取り組むW点 加点幅の大きいW点の中で、取れる項目はしっか
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ

スタッフ ブログ

  1.   こんにちは。笹森です。外でお弁当を広げるのが気持ち良い季節になりました。山下公園は藤田
  2.   こんにちは、外山(とやま)です。   建設業許可は営業所所在地を管轄している
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録