ブログ

【H30.4経審改正】再審査申立ての期限迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査

 

H30.4経審改正

平成30年4月以降に申請する経審から適用されることになった、新しい点数計算の基準です。

どんな項目が変わったかはこちらをご覧ください!
>>平成30年4月経審改正のカンタン解説

 

ココでざーっくりと説明しますと、こういうところが変わりました。

  • 社会保険未加入に対してもっと厳しくなる
  • 認められる建設機械の幅が広がる
  • 建設機械は少ない台数の方が1台あたりの加点が高くなる
  • 防災活動への貢献はもっと評価される

 

再審査とは

平成30年3月以前に受けた経審結果は、改正前の基準で審査された点数です。

なので、「もしかして…新しい経審の基準で審査されれば、今より高くなるじゃないの?」ということが起こります。

そこで、

経審の改正に伴って経審点数の変化が見込まれる場合には、再審査することができます。

ちょっと分かりにくいので言い換えると、

経審の改正によって、経審点アップする場合には、前の経審をもう一度受け直すことができます。

こういうことですね。

 

例えばこんなケース。

  • 5月決算の会社です
  • 去年の経審点数が良かったので、今年(H30)秋の横浜市の入札参加資格申請には、去年の経審を出そうと思っています
  • 県と防災協定締結している団体に入って、防災活動しています
  • 建設機械を2台持っています

この場合、最終的なP点(経審点)で13点くらい上がります。格付などの関係で点数が重要な会社なら、絶対再審査を受けた方が良いです。

 

再審査の受付期間は今月まで

再審査の申立期間は、平成30年4月1日~平成30年7月29日までのうち、通常の審査日のみとなっています。

審査日は都道府県によりますが、神奈川県は月曜日、火曜日のうち決められた日のみが審査日です。

残すところ、7月17日、23日、24日の3日間のみとなりました。

 

主に4月~6月決算で、今年の秋の入札参加資格定期申請に去年の経審結果を出そうと思っている方で、点数がより高い方が良い方は、ぜひ再審査申立てをしてください。

 

 

藤田事務所では、経審、入札参加資格申請のご依頼を承っています。経審点アップしたい、格付アップしたい、とお考えのお客様も、お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      まず点数を上げたいと思ったら取り組むW点 加点幅の大きいW点の中で、取れる項目はしっか
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ

スタッフ ブログ

  1.   こんにちは。笹森です。外でお弁当を広げるのが気持ち良い季節になりました。山下公園は藤田
  2.   こんにちは、外山(とやま)です。   建設業許可は営業所所在地を管轄している
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録