ブログ

2級施工管理技術検定が年2回に!合格率もアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験チャンスの拡大

以前から決まっていた、2級施工管理技術検定(=施工管理技士になるための検定)が年に2回になるよ!というお話。

※国土交通省発表:施工管理技術検定の受験機会が更に拡大! 

2018年度の日程が決定したそうです。

これまでは建築と土木だけ年2回だったのが、電気、管、造園、建設機械にも広がります。

人材不足の建設業界。担い手確保の観点から、このような制度変更に。資格を取るチャンスが増えることになるので、資格をこれから取るぞ!という皆様にとっては朗報です。

 

電気通信工事施工管理技術検定も生まれる!

技術検定制度の見直しの中で、この施工管理技術検定の中に電気通信も入ることになります。平成30年度から始まる予定とのこと。技術検定制度の見直しは30年ぶりだそうです。

電気通信工事の需要は増えているのに対応する資格が少ないために人材不足が著しかったところ、こういった制度改正の必要性が生まれ、今回の見直しに至ったみたいです。

 

合格率と合格者数が大幅アップ

全国建設研修センターの発表した内容によると、2017年度の2級土木施工管理技術検定(学科試験のみ)の合格者について、合格率は57.7%と前年度より23.3ポイント上昇。その影響で合格者数(種別・土木)は4398人と過去最多を記録したそうです。

 

資格は一生モノ

現場につくことが出来るということももちろんですし、実務経験よりも資格の方が経審点もアップ。会社にとってはどっちも凄く助かる。一生モノの国家資格なので、ずっと自分の武器としてついてきます。建設業許可の専任技術者にもなれます。

働きながらの勉強は大変です。が、ここは将来をまた一つ切り拓くため!どんどん挑戦して頂きたいと心から思います。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      まず点数を上げたいと思ったら取り組むW点 加点幅の大きいW点の中で、取れる項目はしっか
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      川崎市、横浜市に続いて、神奈川県からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジ

スタッフ ブログ

  1.   こんにちは。笹森です。外でお弁当を広げるのが気持ち良い季節になりました。山下公園は藤田
  2.   こんにちは、外山(とやま)です。   建設業許可は営業所所在地を管轄している
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録