申請実績/ケーススタディ

【2018年1月】産廃収集運搬:設立してすぐ、神奈川と東京に申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2018年1月
申請内容:産業廃棄物収集運搬業許可申請
申請先:神奈川県、東京都
経営業態:法人/横浜市南区

法人設立、建設業許可申請、産業廃棄物収集運搬業許可申請のお手伝いをさせていただきました。

 

法人設立後第1期で申請するとき

産廃の申請のときには「この事業を経営するのに問題ない財産状況かなー?」ということを行政がチェックします。財務内容が厳しいと不法投棄とか悪いことをしてしまうから。

基本的には3期分の財務諸表と納税証明書を出しますが、設立して1期目の会社は財務諸表も求められている納税証明書も出ませんので、出しません。

その代わりに、法人設立届や開始貸借対照表というものを出す場合があります。自治体によります。

 

2つの自治体を一気に申請

今回のお客様は、「神奈川県と東京都で、産廃の積み下ろしをする可能性がある」ということでしたので、神奈川県と東京都、同時期に申請しました。

途中で営業方針が変わる場合には仕方がないですが、可能性があるなら同時期に申請した方が良いです。

なぜなら…

5年後の更新のときにまた講習を受けるんですが、同時期の申請なら1日講習を受ければどちらもカバーできるところ、2年以上空いてから取ると、1日講習を2回か、2日講習を受けなければいけないためです。

講習は大事!そして勉強になる!とのことなので、受けるのは良い!素晴らしい!

でも、許可のために何度も受けるのは面倒な側面もあります。なので許可申請は必要な自治体分まとめてやるのがオススメ。

産廃収集運搬業許可を取りたいお客様はお気軽にご相談ください。

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   新型コロナウイルス感染拡大を受け、許認可の申請方法を郵送へと切り替える自治体が増えてきました。
  2.   この4月は実務的な変更点がかなり多く発生します。変更点をまとめてみました。   大臣許

スタッフ ブログ

  1. ー経理 本田ですー ハッキリとしないお天気が続く毎日ですが、今年の梅雨明けは例年より早めの予報ですね
  2. スタッフ笹森です。 建設キャリアアップシステムカード取得後についてまとめてみました。 経験を貯める
  • 情報
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録