申請実績/ケーススタディ

【2018年7月】建設業許可新規:すでに閉鎖している会社での経験を証明したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

information
申請時期:2018年7月
申請内容:建設業許可新規申請
申請先:神奈川県
事業形態:法人/横浜市神奈川区

ご紹介で建設業許可の新規申請をお手伝いさせていただきました。

 

許可業者で役員経験あり。しかしすでに会社が無いとき

非常によくあるケースです。

しかもこの場合、許可情報が何もない(許可通知書が無い、許可番号が分からない)ことがほとんどです。

まず、役員経験期間は閉鎖事項全部証明書を取ることで確認できます。ずーっと前のものでも取ることができますので、いつからいつまで、その会社で取締役だったのか、は調べればわかります。

問題は許可情報。基本的には許可を持っていたことの証明のため、当時の許可通知書のコピーをつけることになっていますが、神奈川県では今のところ、調査可能であれば無くてもOKとされています。

①神奈川県に許可を持っていた会社の場合
 →台帳に記録が残っていれば、建設業課で許可情報を教えてくれます。

②神奈川県以外に許可を持っていた会社の場合
 →電話で教えてくれるところ、閲覧しないといけないところ、様々です。閲覧しないといけないところの許可を調べなければならず、現地の行政書士さんに閲覧だけお願いしたこともありました。もちろん、台帳に記録が残っている範囲です。

今回は①のパターンで許可情報が確認できました。

 

資格で証明

一級資格者がいらっしゃいましたので、その資格で取れる業種をすべて申請しました。資格があると本当にスムーズ!

 

法人設立→許認可を整える

今年法人化したばかりの会社様です。建設業許可のほか、建築士事務所登録、古物商許可のご依頼もいただき、バッチリ許認可が整備されました。

 

 

>>建設業許可を新規に取りたい方はこちらもご覧ください。

当てはまる方はお気軽にご連絡ください。

  • 建設会社で取締役5年以上の経験あり
  • 法人化してから建設業許可を取りたい
  • 許可を持っていると営業の幅が広がる
  • 500万以上の工事を行う予定がある

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、入札
      川崎市に続いて、横浜市からも平成31・32年度の入札参加資格定期申請のスケジュールや変
  2. 建設業許可、経審、横浜、行政書士、再審査
      H30.4経審改正 平成30年4月以降に申請する経審から適用されることになった、新しい

スタッフ ブログ

  1.   こんにちは。 外山(とやま)です。   暑い日が続いておりますね。 みなさま
  2. H30年度上期建設業経理士試験まで1カ月を切る!! 平成30年度上期試験日(9月9日)まで1カ月を切
  • 代表者プロフィール
  • 採用除法
  • 建設業経営研修
  • 行政書士藤田事務所 ベルフェイス
  • 行政書士藤田事務所 まちの専門家見聞録