スタッフ ブログ

代行申請お任せください|横浜市入札参加資格申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはスタッフ笹森です。

横浜市入札参加資格申請について

今年は2年に1度の横浜市入札参加資格定期申請の年です。秋には短い期間の中での申請業務が待っています(汗)が…横浜市の入札参加資格申請が2年に1度しかできないという事ではありません。随時申請という手続きで、まさしく随時に申請ができます。随時申請による名簿への登録は半月ごと(毎月1日及び16日)に行われます。審査期間が約1か月ありますので、入札参加資格の取得が必要な場合は早めに準備する必要があります。

申請は横浜市のホームページから

横浜市は電子申請のみとなっており、「横浜市入札のとびら」というところから申請致します。入力する箇所がたくさんございますので、慣れていないとなかなか時間のかかるものだと思います。

実績の証明書類は郵送で

横浜市入札参加資格申請では「実績」があることが条件となります。実績を証明するための書類を郵送することになりますが、手引きを読んでも、具体的に何を付けたらよいのやら…悩ましいと思います。

迅速に代行申請いたします!

弊社は、神奈川県および横浜市に特化し、数多くの工事の入札参加資格申請の実績があり、迅速にお手伝いいたします。横浜市入札参加資格には「工事」のほか「物品・委託」という枠もあります。

先日は、福祉サービス(委託)の種目の申請のご依頼を頂き、工事の入札参加資格申請のノウハウを活かし、最短のスケジュールで申請することが出来ました。

地方自治体の仕事を取ろうとした際に「横浜市一般競争入札有資格者名簿に登載されていること」「横浜市入札参加資格の有資格者であること」と条件があり、お悩みの場合はぜひご相談ください。

 

関連記事

  • 産廃収集運搬業許可
  • 解体工事業登録
  • 会社設立
  • 経審点アップのまとめ

得する建設業ニュース

  1.   新型コロナウイルス感染拡大を受け、許認可の申請方法を郵送へと切り替える自治体が増えてきました。
  2.   この4月は実務的な変更点がかなり多く発生します。変更点をまとめてみました。   大臣許

スタッフ ブログ

  1. スタッフ笹森です。 建設業法改正(2020年10月1日施工)により適切な保険への加入が許可の要件とな
  2. 2020.12.17

    ラスト2W!
    ー経理 本田ですー コロナに翻弄され続けた2020年も残すところ半月を切りました。 当初はこんなにも
  • 情報
  • 建設業経営研修